Creepy nutsがwackすぎて悲しい話

11月7日

11月7日の朝、2枚のCDが届いた。Amazonで予約していた、UNISON SQUARE GARDENの「Invisible Sensation」とCreepy nutsの「高校デビュー、大学デビュー、全部失敗したけどメジャーデビュー。」だ。

Invisible Sensationが最高にカッコイイという話だけをしたいが、Creepy nutsがダサくて悲しいので一旦吐き出したい。

CD

CDの内容についての感想

track1: メジャーデビュー指南

R-指定の言い訳がましいリリックは今に始まったことではないが、特に今作の、会話風のそれは久しくTwitterで流行しているような藁人形論法と同じ気持ち悪さがあり、聴くに堪えない。

雑にまとめると、「メジャーデビューする自分」と、「あれこれと馴れ馴れしく上からアドバイスしてくるダサい知り合い」の会話が中心の歌詞で、今後の批判に対する先制攻撃による予防線を張っているように聞こえる。 これをメジャーデビューシングルにするのは、メタとしてもやりすぎだろう。

track2: "悩む"相談室メジャーデビュー特別編

大しておもんないラジオ番組必要無し、もう1曲くらい入れてくれ。

track3: だがそれでいい

まぁ普通にすき

リリースイベント

実は、このCDの発売に際して、リリースイベントがタワレコ新宿で予定されていた。 一度くらいライブを見てみようと思ったので、是非足を運ぼうと思いイベント詳細を読んで愕然とした。

なんとミニライブが無いのだ。 タワレコ新宿店では頻繁にリリースイベントが行われ、多くのアーティストがミニライブをする。

そこで何をするのかと思えば“悩む相談室”(トークショー)と握手+サイン会だった。 アイドル気取りか、芸人気取りなのか?

アイドルでもミニライブしてるのに。

フリースタイルダンジョンでのクソ長いMCと未来予想図

ここまで個人的にアーティストとしてダサいと思ったことについて、つらつらと書いたので、全く共感してくれない人もいるだろう。 しかし、皆さん覚えているだろうか、フリースタイルダンジョンCreepy nutsがクソ長いMCと未来予想図を披露した回のことを。

つまんなかったから僕はあんまり覚えていないんだけど、「今のHIPHOPブームの勢いは廃れるかもしれない。いろいろ考えたけど、結局のところ僕らにできるのはいい曲を作って、いいライブをするだけ」みたいなことを言っていたことだけは覚えている。調べたら記事があった。 www.excite.co.jp

本当にそう思って、この曲を作ったのか、トークと握手サイン会しかないリリースイベントをするのか、と甚だ疑問に思う。

おわり

僕はCreepy nutsフリースタイルダンジョンでラップを聴くようになったようなにわかだが、それゆえCreepy nutsには期待していた。次はもうCD買わないと思う。

素晴らしいラップスキルやDJスキルを持っていてもこんなクソダサい真似をしてしまうみたいなので、鬱屈した青春時代を過ごしたことの代償は大きいのだと痛感する。自分も気を付けたい。

追記

11月7日に書いたまま下書きに放置していたが、とりあえずそのまま今更公開することにした。今年はなんでもブログに書きたいので。